2018年3月18日日曜日

いずみの森ユナイテッド 6代目壮行会

平成30年3月17日(土) 6小校庭&子安市民センター

後ろの紙は初代の頃からの。これも受け継がれてますね。

毎年、好きじゃない時期が来る。
この時期だ。

ずっと一緒にタグラグビーしていた子供達が卒業してしまうからだ。
長い子だと小学校1年生から。
短い子でも5年生から2年間ほど。

タグラグビーが大好きで。
上手になりたい。
その一心で、全力でタグに打ち込んでいた子供達が卒業する寂しさ。
だから毎年のこの時期が好きじゃない。

でも

好きな時期もある。
この時期である。

後輩の指導が中心となるこの時期の練習で見せる優しさ。
壮行会での一人ひとりの感動する語り。
タグラグビーの強さじゃない。まして結果でもない。
タグラグビーを通じて成長した姿を、最後の最後にはっきり感じられるこの時期。

いずみの森ユナイテッド6代目達の壮行会
素晴らしい壮行会だったと思う。

全力で取り組んでいたからこそ、自然に溢れ出る涙。
その溢れ出た仲間の涙を見て、自分も涙が溢れ出る6代目達。
全国に行けなかったからこそ、苦しんだであろう、悔しかったであろう想いをポジティブに変換し、小学生とは思えない重みのあるメッセージを発してくれた6代目達。
素晴らしい6代目達の壮行会でした。
練習最後にお世話になったグランドへお礼の挨拶



午前中は「親子タグラグビー」と銘打って、多くのお父さん、お母さんと一緒にタグラグビーを楽しみました。
(写真なくてごめんなさい)
大人も子供も一緒に楽しめるのがタグラグビー。
いずみの森ユナイテッドのレジェンドである初代キャプテン(高2)も参加し、チームメンバー最年少である小学1年生まで、幅広い年代の人々が多く参加して、汗を流しました。

こういった企画は今後、何度も行う予定ですので、是非ともまたご参加下さい。
もっとパパママの方を撮っときゃよかった。つか一人だけピースしてる? (´・ω・`)
か、固い。昭和初期の記念写真か!( ゚д゚ )クワッ!!

ジャンプしろ!って言ってもコレだ(# ゚Д゚)

何故、そんな無表情なんだろか? (;´Д`)



午後からは保護者が中心となって企画・運営頂いた壮行会が開催。
在校生から卒業生へ、保護者から卒業生へ、コーチ作成の感動のスライドショー、そして卒業生達の立派な挨拶、最後にキャプテンから新キャプテンへの突然の引き継ぎ(予定はしてませんでしたが)
涙あり、笑いありの素晴らしく、楽しい壮行会でした。

この日の壮行会開催頂くにあたり、ご尽力頂いた保護者の皆様、本当にありがとうございました。
子供達が本当に成長しているんだなぁ、と感じられた、そんな壮行会だったのではないでしょうか?
暑い日も寒い日も雨の日も、いつもいつも暖かく見守って頂き、本当にありがとうございました。
いずみの森ユナイテッドの歴史を全部知っている保護者の方はじめ、子供の卒業と共にいらっしゃらなくなるのは非常に寂しい思いです。
運動靴を履いて是非とも練習にご参加下さい。
初代女性コーチのポジションを空けておきますので。(-д☆)キラッ
6代目キャプテンからから7代目キャプテンへ。プレッシャー大きいから助けてあげてね、みんな。



いずみの森ユナイテッド6代目達へ
仲が良いのか、悪いのか?最後の最後までハッキリしませんでしたが、タグラグビーを通じて学校生活でも活躍してくれていたと聞いて、本当に嬉しく思います。
また、本気の本気で全国大会に行きたかったんだなぁ、と、この壮行会で強く感じたぐらいに、感情を表に出さなかったキミ達。
でも都大会が終わってから、キミ達の笑顔溢れる姿を見ることが出来て嬉しかったよ。
意地の多摩カップ、そして最後の最後に奪取した浦安カップ。
タグラグビーでのこれら全ての経験は、今後の人生において絶対に役立ちます。
そう言われても、実感は沸かないだろうけど・・・
キミ達が社会人になったぐらいに、このBlogで書いているメッセージの意味が分かるときが来るかな?

卒業しても練習には遊びに来なさい!
そして後輩たちを目一杯、鍛えてやって下さい。

卒業、おめでとう。
写真下手!って言われたから、ちょっと頑張ってみたぞ!
コレが下手!って言われた写真。ポーズが変なんじゃい!
何故、その笑顔が学校での男子達との写真の時に出ないんだ?







2018年3月5日月曜日

第18回 浦安カップ

平成30年3月4日(日) 第18回 浦安カップ 浦安市運動公園陸上競技場

万歳ジャンプ!横向いてるヤツばっかしとは・・・(゜_゜)

卒業生最後の大会となる、浦安ウイングス主催の浦安カップ。
いずみの森ユナイテッドも2代目の頃から毎年参加させて頂いている、素晴らしい大会です。
そして、いつもストレスフリーの見事な運営、ありがとうございます。


今年度のサントリーカップ決勝大会で全国準優勝した新田ウォーリアーズをはじめ、全国大会出場チーム、各地区ブロック大会に出場したチームも多く参加した、豪華な顔ぶれでの大会でした。
開会式。たまには後ろから。前に回り込むのが面倒臭かった。。からじゃないよ(;´Д`)


いずみの森ユナイテッドからは4チームがエントリー

下級生の部にラビッツ
上級生の部にライオンズ、ドラゴンズ(次年度ベアーズ予定)、ベアーズ(6年生)

ところが・・・
試合前のドレスチェックで爪を切っていないメンバーが多数発生。
悪い意味で試合慣れしてしまっているのか、大会に挑むんだ、という意識が全く出来ていない現れ。
これじゃあ、試合に勝つことなんて出来ません。

案の定、卒業生チームのベアーズ以外は、予選、トーナメント共にピリッとしない内容ばかりに。
特に、次年度トップチームになる予定のドラゴンズに至っては、グダグダ。
暗い未来が簡単に想像できちゃう、そんな1日だったかと。
来年、ベアーズになるんだよね!?(´・ω・`)
悩める下級生を鍛える、優しい上級生達
悩み!?そんなもん、ないなーい!(いちお、上級生です)


卒業生チームのベアーズ
予選は1位通過。トーナメントも順調に勝ち進み、準決勝の全国大会出場チーム、茨城県のレッドアンドブラックスに辛勝し、ファイナルへ。

「シルバーコレクター」の異名を持つ、今年度のベアーズ。
決勝の舞台で待ち構えるは、全国準優勝の新田ウォーリアーズ。
そんな強豪相手に、気持ちが入った素晴らしいプレーで試合を運び、見事に勝利。
現役最後にして初の「優勝」となりました。
決勝は新田ウォーリアーズ。ベアーズに取っての全国大会だったね。



全国出場切符を逃し、ワンワン泣いたあの日から、ようやく笑顔の泣き顔を見ることが出来ました。

楽しそうに、本当に楽しそうにプレーをしていた6年生達。
個人プレーではなく、仲間を信じ、いずみの森ユナイテッドで学んだタグラグビーを魅せてくれたね。

そんな眩いまでに光り輝いていた6年生達も、もうすぐ卒業。
最後に最高のプレーを魅せてくれたキミたちを応援できた事が幸せでした。
泣き顔から笑顔に!


応援していた保護者や関係者を代表して、この言葉を贈ります。

”感動をありがとう!”















2018年2月27日火曜日

2017年度 多摩カップ <卒業記念大会>

平成30年2月24日(土) 多摩カップ 卒業記念大会

毎年この時期に行われる年度で3回目の多摩カップ。
副題は卒業記念大会。
久々の集合写真かも ((((;゚Д゚))))


卒業生、最後の大会の想い出としての「卒業生の部」
次年度以降に最上級生、上級生になる4年生・5年生中心の「新人の部」
未来のエース達が集う「チャレンジの部」

3つの要素が混ざりあった、1年の中でも珍しい空気感の中で行われる大会となります。

毎年、この大会を開催頂いている青稜中学校関係者の皆様、運営をサポート頂いている関係者すべての皆様、本当にありがとうございます。


前週に行われた、サントリーカップ全国大会優勝の七国スピリッツを筆頭に、関東の強豪チームがたくさん集まりました。
見応え充分なネームバリューと実力を兼ね揃えたチームばかり。。。
この時期の多摩カップでは珍しいグランドコンディション!GOOD!!!


いずみの森ユナイテッドからは久々の5チームが参戦です。(嬉しい!!!)

◆チャレンジの部には、ラビッツとライオンズがエントリー。

ラビッツは経験の浅い子や1、2年生達のフレッシュな顔ぶれ。
本当に楽しそうにタグを追いかけたり、ボールを持って前に走ったりしている姿がとても初々しく。
チャレンジリーグ戦で3位の成績を収めることが出来ました。
勝つ喜びと負けて悔しい気持ちを持てた、貴重な1日になったと思います。

また、このチームにはコーチが足りなかったので、2人のパパさんをパパコーチとしてチーム帯同頂きました。助かりましたm(_ _)m
次はホイッスルを黒ゴリ(太め)が買うって言っているので、そのホイッスルでレフリーデビューしちゃいましょう!
4,5年後、この写真が凄いんだ!って事になるのかなー


ライオンズには普段は控えに回る事の多いメンバーを主力にしたメンバーで構成されたチームで、「ちゃんと戦えるのか?」と心配していましたが、自分が主力とならないといけない状況で、試合もほぼフル出場となった事で芽生えた自我。
見違えるほどのプレーを連発していました。
あっという間に別人か?というほどに変身を遂げる、小学生の成長力、恐るべきです。
フル出場を余儀なくされたメンバー達。芽生えた自我を大事にね!


◆新人の部には、サイレントチームと揶揄されたドラゴンズと、次年度の現時点でのトップチーム、新ベアーズがエントリー。

昨年のNO2チームにいたメンバーと、下のチームで頑張っていたメンバーが合流したドラゴンズ。
とにかく「声を出さない」メンバー達ばかり。
歴代でもダントツの静かさです。
案の定、予選では1点も取れず全敗で、3位トーナメントへ。
これで心に火が付いたのか、初戦で今大会初勝利をあげ、あれよあれよと3位トーナメント優勝しちゃいました。
「声さえ出せば」しっかりと動けるメンバー達。
下のトーナメントではあったけど、優勝したという経験は貴重です。
サイレントチームの逆襲を期待するよ。後ろのスキンヘッド風の人は紳士で有名なコーチですよ!


新ベアーズは、昨年トップチームのベアーズ入りしていた2名の主力メンバーを中心に、下から這い上がってきた下克上状態の混合即席チーム。
トップチームにいた頃は、お客様扱いだった2名の女の子達も、流石にこのメンバーに合流すると、プレーの違いが顕著に現れます。
ちょっとは頼もしくなってきたのかな?(笑)

予選は1位通過、トーナメントも順調に勝ち上がり、準決勝では「宿敵」次期小柳ライトニングスAチーム。
一進一退の攻防でしたが、1点差で涙を飲み、準決勝敗退。
やはり・・・来年度も大きな大きな壁となるだろう「宿敵」です。
でも、この時期の勝ち負けは重要ではなく、その試合で何を感じて、何を掴んだか?が重要。
今後が楽しみな内容となりました。

ちなみに決勝は、強豪次期白小フェニックスAチームを破っての次期七国スピリッツvs次期小柳ライトニングスAの対戦となり、2-1で次期七国スピリッツが優勝となりました。
来年度も、打倒七国スピリッツ!となりそうな様相です。
次年度トップチームを引っ張るのは偉大(?)な姉を持つ女子2名!



◆卒業の部は、6年生だけで構成されたベアーズがエントリー。

やはり大きなプレッシャーから開放されてのプレーだからか、いつもよりノビノビと動けているメンバー達。
予選1位通過し、午後のトーナメントも順調に勝ち進み、ファイナルへ。
待ち構えるは、全国優勝した絶対王者の七国スピリッツ。
結果としては完敗でしたが、内容は点差が離されても最後まで諦めずに王者に挑んでいる姿を見られただけで、非常に嬉しかった。
素晴らしい試合を観せてくれてありがとう。
後は次週の浦安カップで有終の美を飾ってくださいマセ。
準優勝おめでとう!真ん中に自衛隊の方がいますが、他人です( ー`дー´)キリッ
このチームを引っ張ってきた女子3人(性格は・・・)と、その他。
もうさ。キミのプレーは笑うしかない境地にきてるよ(TдT)
どうしても載せろ!と・・・



いずみの森ユナイテッド保護者の皆様
朝早くからの帯同、寒い中での見守り、応援、ありがとうございました。
初めて大会を観戦された保護者もいらっしゃったと思いますが、クリーンな応援をありがとうございました。
ルールなどがイマイチ分からない保護者もいる、と先輩ママからお聞きしました。
近日中に、パパママ向けのルール説明会を行ないたいと思いますので、しばしお待ち下さい。


小学校生活、残り1ヶ月。
6年生達よ、今年1年楽しめなかったであろうタグを、思う存分楽しんでください!







2018年1月15日月曜日

サントリーカップ第14回全国小学生タグラグビー選手権 東京ブロック予選

平成30年1月14日(日) サントリーカップ東京ブロック予選 in戸吹

あと一歩

あと一歩が届かず、全国への切符を手にすることが出来ませんでした。
5年生いなくてごめんm(_ _)m


今年も大寒波の中(昨年は確か、、、最強寒波だったかと)、サントリーカップ第14回全国小学生タグラグビー選手権 東京ブロック予選(通称 都大会)が、八王子の山の上にある「戸吹スポーツ公園」で行われました。
大会を主催、運営頂いた関係者すべての皆様、本当にありがとうございました。

昨年と同様、会場近くの公園で体を解してからの会場入り。
全国を知る頼もしい(か?)中学生達もウォーミングアップに付き合ってくれる万全の体制。
昨年と同じ近所の方が声を掛けてくれました。早朝から騒がしくてすみません。


この大会に、いずみの森ユナイテッドからはベアーズとドラゴンズが出場。
関東交流会・・ではなく、待ちに待った本番。
いつもは都大会=悪天候だったので、良い天気なのが不思議です。


4年生、5年生で構成されたドラゴンズにとっては、来年、再来年の為の大会。
予選では1勝も出来ず、3位リーグへ。
3位リーグでは待望の1勝を挙げ、参加16チーム中16番手だったポジションは少しだけ上げるコトが出来ました。
トップチームとの差がどれだけ離れているのか?そんな現在地を知らされた大会だったと思います。
この経験を次に繋げていきましょう。
来年はトップチームに入れるか?の熾烈な競争からだね


トップチームのベアーズ
前年度の先輩達が残していったとっても大きな荷物。
それは「全国優勝チーム」という重すぎる荷物。
その重圧に圧し潰されそうになりながらも、一気に上昇してきた今年のベアーズ。
最高の状態でこの日を迎えました。

死の組と言っても良いほどの強豪ばかりが集った予選リーグ。
その予選リーグ最大の山場であった、3戦目の小柳ライトニングス
今年、何度交流したことだろう。
お互いの手の内が分かっている相手。
でも手の内が分かっているからこそ、見せたことのない必殺の攻め方を隠し持ちつつ。。。
どれだけ、小柳ライトニングス対策を考えたことか・・・

お互いの1、2戦得失点差では小柳ライトニングスがリードしていたので、ベアーズが決勝リーグに進むためには、勝つのみ。
そんな緊迫したムードの中、この1戦に賭ける意気込みが凄く、高い集中力を保ち、相手チームの得意としているランプレーを止めることが出来、無事に決勝リーグに駒を進めるコトが出来ました。
強敵に勝ったことで涙が溢れ出してしまう、それぐらいに気持ちが入っていたゲームでした。
一気に盛り上がるチームと応援団たち。
ムード、ストーリーは2年前の全国初出場を決めた、あの都大会と全く同じ。
ゾクゾクした試合展開でした




決勝リーグ

初戦は絶対王者の七国スピリッツ。
このパターンも2年前と全く一緒。

この時点ではどれだけ失点を防げるのか?数少ない得点チャンスを活かすことが出来るのか?といった、勝利ではなく内容に拘って挑んだ1戦でしたが、ものの見事に完敗。
恐ろしいまでに研ぎ澄まされた集中力を持つ、今年のスピリッツ。
見ていてため息が出てしまうほどに「凄かった!」
桁違いの強さを見せつけられました



2戦目、ひかりきっずくらぶ
1戦目に負けはしましたが、2戦目、3戦目に勝利するコトで全国大会出場するコトが出来る決勝リーグのシステム。
次の相手は今年度の東京タグ大注目のひかりきっずくらぶ。
その難敵相手に、ベアーズは1度も大会で勝てたコトがありません。
そんなビハインド状態であったものの、得意のハードワークと縦への突破で相手を封じ込めることに成功。
いよいよ残すは最終戦。


3戦目、白小フェニックス
2年前の都大会。(様子はコチラ
あの時は、直前まで全く歯が立たなかった白小フェニックス相手に、ロースコアゲームで執念のドローに持ち込み、得失点差で全国初出場を掴み取った、因縁のライバル。
この試合に勝つか、引き分ければ全国大会出場という、2年前と本当に同じようなシチュエーション。
2年前と違うとしたら、予選リーグでの試合数が1試合多いコト。
そして白小フェニックスとの対戦が、決勝リーグ最終戦という体力も気力も少なくなっている状態での緊張する試合だと言うコト。
予選も決勝リーグも気の抜けない試合ばかりだというコト。

ふと、そんな違いから来る2年前との違和感が脳裏をよぎります。


超緊迫した雰囲気の中でキックオフのホイッスル。

1週間前に行われた交流試合でのガチの対戦では、勝利していたものの恐らくチカラは互角。
その互角を表す、取ったら取り返すのシーソーゲーム。
見ている方も息詰まる試合内容。
狙っていた攻撃の形でキレイに得点できるものの、試合が進むにつれてどんどん勢いづく白小フェニックスの選手たち。
そして後半、その白小フェニックスの鬼気迫る勢いが更に増しつつも、同点のまま白小フェニックスの怒涛の攻撃を何とか防ぎ、この攻撃を防ぎきれば得失点差で・・・

と思った瞬間、固かったはずのディフェンスに穴をこじ開けられ、ねじ込まれ、勝ち越しを許すトライ。
そのままノーサイド。

負けたくない、より、「勝ちたい!」が勝った、そんな試合だったのかな、と思います。
中学生たちも見守ります

シーソゲームで後半戦へ

攻め込むものの・・・

戦い終わって・・



七国スピリッツ、白小フェニックス、全国大会出場おめでとう。
全国大会での東京タグの大活躍を祈っています。
願わくば、カップを東京に持ち帰ってきて欲しいです。
(あれっ?そう言えば、あのサントリーカップはいつ返すんだろか?)
おじさんからの暖かいアドバイスが心に沁みます。




今年度、対戦・交流頂いたり、指導頂いた全ての皆様、ありがとうございました。
多くの交流や練習を行うことで、レベルアップをするコトが出来ました。
強敵相手に勝利出来たり、競り合うことが出来るまで辿り着く事が出来たのは皆さんのおかげです。
これからも交流、指導をお願い致します。


いずみの森ユナイテッド保護者の皆様
この日も朝早くからの送り出し、見守り、応援、本当にありがとうございました。

小柳ライトニングス戦の勝利で流した美しい涙、
白小フェニックス戦の悔しい敗戦で流した美しい涙は、子供達が精一杯頑張ってきたからこそ流した涙だった思います。
そんな美しい涙を流せる子供達に成長してくれたコトが一番嬉しく、そして誇りに思います。

全国大会出場の夢は叶いませんでしたが、この経験がきっと子供達を大きく成長させてくれる事だと思うし、そう思ってもらうようにしていきたいです。

引き続きのサポート、宜しくお願い致します。



いずみの森ユナイテッドのメンバー達
ベアーズの死闘とも言える、ライバルたちとの凄い試合を目の前で観てどう感じましたか?
観ている人全ての人達が感動するような、目指したくなる様なチームを目指しましょう。

タグラグビーをする為に、学校生活を疎かにしないコト!
練習に来るコト!
練習に来たら、頭を使って練習に挑むコト!
タグラグビーが出来る環境を作ってくれる保護者や周囲の人に感謝するコト!


ベアーズの5年生へ
ベアーズ入りして、セカンドメンバーではあったけど、次年度に持っていける「何か」を掴みましたか?
今の意識のままじゃあ、次年度はベアーズに入れない気がしています。
それぐらいに同じ5年生達の気持ちは強いよ!
それ以上に4年生達はもっと強い意識が芽生えているよ!
2年生、3年生から続けてきたちっちゃなタグっ子。
大きな大きな変化を期待します。


ベアーズの6年生へ
キミたちのあんなに泣きじゃくる姿を初めて見ました。
今年は大きな大会で負けても泣いてしまう姿が少なかった世代。

周りからは当然、「(昨年)全国優勝したチーム」という目で見られるけれど、自分たちに自信を持つことなぞ許されないほどに見せつけられた現実。
感じていた自分たちの実力。
だからこそ周りからの声に耳を傾け、必死で吸収し、もがき苦しんでいたみんな。

もしかすると、「タグラグビーは楽しい」って思えなかった、そんな1年にしてしまったのかも知れませんね。
我々大人が。

自分達が努力してきたこの1年は、全国に行けなかったからと言って、色褪せる事はありません。
その努力の中で得た、信頼で繋がっている「仲間たち」
そんな仲間が出来たこと、そんな仲間が出来ることの素晴らしさを後輩たちに伝えていって欲しい、そんな気持ちで一杯です。
そんな仲間たちと最後の冠、多摩カップ奪還を目指して下さい。


万感の思いを込めて・・・

素晴らしい試合をありがとう!
感動をありがとう!